ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム

運動器の機能が衰えている状態

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome、略称:ロコモ、和名:運動器症候群)は、加齢に伴う筋力の低下をはじめ、関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより、運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになっていたり、そのようなリスクが高い状態を言います。運動器の衰えとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」、「歩く」といった機能が低下している状態です。進行すると日常生活にも支障が生じてきます。

ロコモに対応したリハビリなども行います

ロコモティブシンドロームの患者様に対して、当院では筋力トレーニング、歩行訓練、転倒予防指導などを行っております。患者様以外の方でもロコモの可能性が疑われる方、また将来に向けてロコモが心配という方は、お気軽にご相談ください。

健康寿命をロコモ予防で延ばす

そもそもロコモティブシンドロームとは、2007年に「日本整形外科学会」が、人類が経験したことの無い超高齢社会・日本の未来を見据えて、このロコモという概念を提唱したことが始まりです。ロコモは、「放っておくと要支援・介護の状態になる可能性のある、変わりうるけれども慢性的、永続的な運動器の機能障害」を意味します。運動器は骨、関節、筋肉や神経で構成され、それぞれが連動しており、どれか一つが悪くなっても身体はうまく動きません。いつまでも自分の足で歩き続けていくためには、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが必要なのです。

運動器障害は健康寿命を脅かす最大要因

先にも述べた健康寿命とは、「健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間」のことを言います。現在、平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約9年、女性は約12年となっています。自立度の低下や寝たきり、いわゆる要支援・要介護状態は、健康寿命の最大の敵です。そしてその要因の第1位は「運動器の障害」なのです。要介護や寝たきりは、本人だけでなく、家族など周囲の人にとっても問題になります。大切な家族や友人らのためにも、運動器の健康を保持していく必要があります。

若いうちから運動習慣を身につける

骨や筋肉は、適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂ることで強く健康に維持されていきます。ちなみに骨量や筋肉量のピークは20~30代です。弱った骨や筋肉では、40代・50代で体の衰えを感じやすくなり、60代以降には、思うように動けない体になってしまう可能性があります。そのため、若いうちから運動習慣を身につけることが大切なのです。また、軟骨や椎間板にも筋肉や骨と同様に、適正な運動負荷が必要です。ただし、過度な負荷のかかるスポーツや過体重によって「負担をかけられ過ぎる」と、軟骨や椎間板は逆に傷むこともあります。また、痩せ過ぎると筋肉や骨は弱くなってしまいます。肥満と痩せ過ぎは、いずれも好ましくありません。